永代供養選びでお寺の宗派はどうしたらいいの?宗派の違いについて解説

お線香

最近よく耳にする永代供養ですが、お寺との付き合いのない方や付き合いのあるお寺に永代供養施設がないという悩みを抱えてる方が非常に多いです。
そこで、今回は永代供養選びのポイントの一つ『宗派は一緒じゃないとダメなのか?』についてお話をさせていただきます。

永代供養は大きく分けると2種類ある

納骨堂

永代供養と聞くとお寺さんが預かり供養してくれるイメージがあると思います。
しかし実際は民間や自治体の管理する物とお寺が管理している物と2つあるんです。

民間や自治体の管理する永代供養とは?

なかなか業者でなければ民間や自治体が運営しているのかお寺が運営しているのか見分けがつかないのですが、ポイントとしては『お寺の敷地内にあるかどうか』と『チラシなどにお寺の名前や紹介がされているかどうか』である程度見分ける事ができます。
この、民間や自治体の管理する永代供養の特徴としては、立地面(駅から近い、送迎があるなど)や永代供養施設の広さ・数が大きなメリットでしょう。
そして、霊園によってはご自身のお付き合いのあるお寺などに来てもらい法要ができるのが魅力でもあります。
ただし、良い面ばかりではなく民間の企業(ほとんどは石材店)が運営しているという事は会社の経営している永代供養施設なので、万が一企業が倒産などという事になれば、せっかく無縁にならないように永代に渡って供養してもらうのにそれでは本末転倒です。
その場合、運営管理する団体が変わってしまってメンテナンスの部分が改悪してしまったり、そもそも引き継ぐところがなければ管理が行き届かなくなってしまうので他に移さないといけない可能性も出てきますので民間の管理の場合は注意が必要です。

お寺の管理する永代供養とは?

お寺の敷地内に最近は永代供養施設があるところも増えてきています。
お寺の管理する永代供養の一番のメリットとしては『安心感』です。
一時期ニュースなどで檀家さんが減ってしまってお寺が潰れるなんて話題もありましたが、それはほんの一部の話です。
現存しているお寺自体、歴史もあり地域に密着しているお寺がほとんどなのでそうそうな事で潰れるなんて事はありません。
あと、お客様によく聞かれる『ここのお寺は後継さんはいらっしゃるんですか?』という後継ぎ問題も、万が一後継ぎがいないとなってもその宗派の本山より住職さんがいらっしゃるので安心してください。
そして、このお寺の永代供養で皆さんが悩まれるのが『宗派』の問題です。
ご自身の宗派のお寺に永代供養施設がなく悩まれる方が結構多いんです。
宗派が違うとどうなるの?と不安に思われる方も多いので次でそこを詳しく説明していきます。

宗派が違う永代供養やお寺でも大丈夫なのか?

永代供養が話題になってから、この宗派が違っても大丈夫なのかというご質問が非常に多いです。
そもそも、宗派とはなんなのか?違うとどうなるのか?をここでは解説していきます。

お寺の宗派とは?

仏教は釈迦が開祖しそこから枝分かれし様々な宗派として生まれ日本に伝わって来ました。
そして、現代の日本の仏教の原点と言われているのが『天台宗』で、そこから日蓮宗や浄土宗などが枝分かれし生まれたのです。
そもそも、仏教というものは釈迦が開祖し始まったもので、それを受け継いだお弟子さん達がひらいたのが今の宗派という事になります。

宗派が違っても大丈夫なのか?

先ほどのお話で宗派に関しては分かっていただけたと思いますが、お題目(南無阿弥陀や南無妙法蓮華経など)や作法こそ違えど、元々の根本は同じなので宗派が違っても故人の供養にならないなんて事はないので安心してください。
例えば、女性の場合だと結婚すればご主人の宗派を信仰する事になるので宗派が変わる事は日常茶飯事なのですから。
ただ、宗派が違って困るのはご親戚さんとの兼ね合いです。
今、皆さんはこの記事で宗派が違っていても問題ない事をご理解いただけてると思いますが、ご親戚さんはそうではありません。
この記事を読む前の皆さんと同じで、きっと不安がると思います。
最近では『宗旨・宗派問わず』という永代供養が多くなってきていますが、お寺が他の宗派のお経をあげてくれる訳ではないので納骨などの法要にご親戚が来られた際に『宗派が違うじゃないか!』とトラブルになりかねません。
なので、もし近くに同じ宗派のお寺がないなどの事情で違うお寺の永代供養を申し込まれる場合には、事前に宗派が違っても大丈夫という事を説明し理解してもらう事が大切です。

まとめ

息子さんやお孫さんに負担をかけないようにと人気の永代供養。
宗派が違ったとしても、近くでお参りのしやすい場所で皆さんが少しでもお参りに行ったりとできる範囲の事を、故人の事を大切に思う気持ちでされるのが一番のお供養になります。
宗派の違いなどでご家族・ご親戚と後々思わぬトラブルにもならないよう、是非正しい知識を持って永代供養を選んでください。

当ブログサイトにはOfuse(オフセ)という1文字2円から送れるファンレターのシステムを導入しております。
少しでも皆さんのお役に立てるように、コンテンツの質を上げて業者に忖度なくお客様のお役に立てるサイト作りを目指していきますので、良かったら下記より支援をお願いいたします。

この記事が気に入ったら悠佑さんを支援しませんか?

支援する