永代供養の費用ってどのくらいかかるの!?永代供養について徹底解説

永代供養の費用

結婚や転勤など近年では、昔の様にお墓を代々引き継ぐのが難しくなってきています。
しかし、大切な家族が眠っているお墓を手入れもせずそのままにしておく事はできません。
そこで、最近よく耳にする『永代供養』が今の皆さんの生活スタイルにあった供養方法とも言えるでしょう。
それでは、その永代供養についてどんな物なのか費用はどのくらいかかるのか?を解説していきます。

永代供養とは?

永代供養とはお寺や霊園が永代にわたり供養・管理してくれる事を『永代供養』と言います。
ただ、一口に永代供養と言っても種類は様々あり、形式やご遺骨の安置期間も違うので注意が必要です。
形式としては『合祀(ごうし)』といって他の方の遺骨と一緒に埋葬し供養・管理するタイプや『個別型』といって従来のお墓の様に大切なご家族だけを1つの区画に埋葬し供養・管理してくれるタイプとあります。
安置期間に関しては近年では33回忌が多い様ですが、これといった決まりはなく寺院や霊園によっては17回忌や50回忌と違うので事前に確認が必要です。

永代供養の種類とその種類別の費用

先ほどお話した通り、永代供養には『合祀』と『個別型』と2種類があります。
それでは、それぞれの種類別に解説していきましょう。

納骨堂【個別型:屋内】


永代供養の中でも、よく知られているのがこの写真の納骨堂だと思います。
この納骨堂には写真の様な『ロッカー式』と呼ばれる物や最近ではお参りのブースに裏からお骨が運ばれてくる『可動収納型』と呼ばれる物があります。
納骨堂の一般的な相場としては1人用で約50万円程度、家族用で約100万円程度を目安に考えた方が良いでしょう。
さらに、上記費用に加えて年間の管理費が1万円前後かかる場合があります。
費用には永代使用料や永代供養料は含まれる事がほとんどですが、開眼法要代・納骨費用などが含まれる場合や別途費用が必要な場合もあるので注意が必要です。

因みに先ほどお話した『可動収納型』とはこんな感じの納骨堂です。

新宿御苑前 聖陵

この『可動収納型』の納骨堂はお参りのブースにお骨が運ばれてくるタイプの納骨堂なので、収容できる数が多く土地に空きの少ない都心部に多く見られます。
非常に近代的でデザイン性のある、この可動収納型にもデメリットがありお参りのブースの数に限りがあるのでお盆やお彼岸にはかなり混み合うというデメリットがあるのでその辺りを知った上で検討した方が良いでしょう。

永代供養付き墓地【個別型:屋外】


家族だけで過ごす事のできる一般のお墓と後を継ぐ人の負担を軽減する永代供養の両方のメリットを得られるのがこの『永代供養付き墓地』です。
永代供養付き墓地というのは、普通のお墓と同じように石碑を建てて遺骨を埋葬しますが墓地に永代供養が付いているので、寺院・霊園にて永代にわたり供養をしてくれます。
この、永代供養付き墓地は使用期間を過ぎると契約の更新、若しくは合祀の永代供養墓に改葬(お墓から遺骨を移す事)する形式だったり、使用期間は無期限で跡継ぎが居なくなった時点で改葬するといった感じで墓地を管理している寺院・霊園によって違うので申し込む前に確認が必要です。
墓地は家を建てる土地と同じで場所によって大きく変わってくるのですが、墓地の永代使用料や墓石代などを合わせた総額で130万円~といったところでしょう。
さらに、墓地の管理費や納骨の時のお布施等別途費用も必要になってくるので、そこを頭に入れておいてください。

個別型永代供養墓【個別型:屋外】

朝陽の杜墓苑

個別型永代供養墓もお墓と同様に納骨室の上に石碑を設置して埋葬します。
お墓と大きな違いとしては、お一人若しくはお二人(ご夫婦)など少人数用の物が多いため墓石の量も少なくお墓に比べて初期費用が安いです。
あと、埋葬する期間が33回忌を節目に設定してある事も多く33回忌が過ぎると合祀の永代供養墓に埋葬されるのが一般的ですが最近では、合祀されずにずっとご家族だけで埋葬できる個別型永代供養墓も少しずつですが増えてきています。
そして、合同での供養祭を年に3回(春秋の彼岸・お盆)に開催しているところも多く、初期費用に含まれている事の方が多いです。
費用の目安としては永代供養料・石碑代合わせて、お一人用で40万円~、お二人用で約50万円~を目安に考えるといいでしょう。
因みに寺院・霊園によっては家族で使用できる3人用・4人用なども最近は増えてきています。

集合型永代供養墓【合祀:屋外】

大多摩霊園

集合型永代供養墓は、ご家族だけではなく他の方も1つのお墓に埋葬し永代供養を行うお墓の事をいいます。
やはり、気持ちとしてはご家族だけで埋葬したいですよね。
でも、単身の方や先祖代々の墓を墓じまいをして永代供養する場合などに利用される事が多いのがこの『集合型永代供養墓』なのです。
費用としてはお一人約15万円~と費用が安いものの供養の内容は先ほどの個別型と同様で合同の供養祭などが行われる事が多いので手厚く供養していただけるので安心です。

まとめ

さて、最近話題の永代供養について今回はご紹介させていただきましたが参考になりましたでしょうか?
せっかく跡継ぎさんやご親戚などの負担を減らすための永代供養なので、しっかりとポイントを押さえて皆さんの家庭環境に合った永代供養を選んでいただければと思います。
永代供養選びのポイントとしては下記3点を特に注意して選んでいただければと思います。

  • 個別で埋葬なのか合祀なのか?
  • 個別なら個別での埋葬期間はいつまでか?
  • 初期費用以外に後々費用がかからないか?